渓流のルアーフィッシング

渓流のルアーフィッシング

渓流のルアーフィッシングでは、先に釣っている人より上流に回りこんで釣るのはマナー違反とされています。
なるべく先行者のいないポイントを探す方がいいですが、どうしてもそこで釣りたいときには、下流で釣りましょう。
渓流にルアーフィッシングに行く前に、調べておいてほしいのが、リリースサイズが決められていないかどうか。
一般的には、15センチ以下の魚はリリースするものですが、渓流によっては、厳密にリリースしなければいけない魚のサイズが決められていることがあります。
入漁券が必要な渓流で勝手にルアーフィッシングすると、釣り場によっては罰金を取られることもあり、事前の下調べは必要不可欠です。
渓流には、特別保護区になっている禁漁エリアや禁漁期間なども存在します。
いずれも渓流魚の保護のために行っていることなので、ルアーフィッシングを楽しみたいなら、しっかりと守ってください。
ゴミを捨てたり、違反駐車などをしてマナーを守らないと、渓流の釣り場がルアーフィッシング禁止エリアになってしまいます。
特に、ルアーフィッシングの針を放置したりすると、鳥や動物がケガをする恐れもあるので、極力、回収しましょう。
渓流でのルアーフィッシングに行く時は、一週間くらい前から降雨量に注意する必要があります。
渓流は急に水位が増えて激流になったり、岩場に取り残されたりする危険性があるためです。
また、スズメバチや野生動物など、海でのルアーフィッシングでは考えられないような危険も潜んでいるので、気をつけてください。