海のルアーフィッシング

海のルアーフィッシング

海ルアーフィッシングをする時には、潮回りや潮時を考えて釣りに行きましょう。
潮回りは、月の影響で起こる15日周期の潮の変化のことです。
大潮の時に最も満潮と干潮の差が大きくなり、小潮で一番干満の差がなくなります。
潮時は、潮の満ち引きする時間のことで、これも日によって変化するので注意が必要です。
潮の流れがみられる時間帯には、魚の動きも活発になり、釣れやすくなるといわれています。
海ルアーフィッシングに最適なのは、潮回りでいえば大潮か中潮で、潮時は干潮終わりの潮が動き出した時か、満潮の前後の二、三時間くらいでしょう。
海ルアーフィッシングに行く前に、潮時表などをみて、潮回りと潮時を確認するといいと思います。
また、海ルアーフィッシングで釣りたい魚によって、使うルアーや釣れる時期が違ってくるので、研究してから行きたいものです。
海ルアーフィッシングは、基本的には夜の方が釣れやすいようですが、ポイントがよければ、夜行性の魚でもたくさん釣れることがあります。
カサゴなどの定着性の高い魚は、やみくもに釣りまくると場荒れしてしまって釣れなくなるので、注意しましょう。
海ルアーフィッシングで浅瀬にいる魚を狙うときに避けて通れないのが根掛りですが、これも慣れるしかありません。
根掛り対策としては、ウィードレスフックと長いロッドを使うことをオススメします。
海ルアーフィッシングに熟練するにつれて、根掛りにも上手に対処できるようになると思いますが、海ルアーフィッシング初心者のうちはルアーの一つや二つ無くす覚悟がいるかもしれません。