九州の磯釣りで有名なポイントは?

九州の磯釣りで有名なポイントは?

福岡県福岡市にある「海づり公園」。
ここで釣れる魚の種類と釣り方を紹介しましょう。
「チヌ(メイタ)」は、一般的にクロダイともいいます。
カニ類や貝類を主食にし、好奇心が強く、頭が良く警戒心が強いのです。
なので、仕掛けは細めの物がオススメです。
「メバル」は、ウキ釣りなら、活きたエビ類などで釣れます。
「アジ」は、夏場は小型が多く、サビキ釣りやウキ釣りで釣れます。
初心者でも比較的簡単に釣れるので、人気を博している魚です。
「スズキ」は、九州ではセイゴ・フッコ・スズキと成長とともに呼び方が変わる出世魚。
浮き釣りやイワシの泳がせ釣りで釣れます。
冬は、活きたモエビや青虫でも釣れるようです。
「タナゴ」のエサは、沖アミやムシで、サビキ釣りとウキ釣りがいいでしょう。
「アナメイ」が釣れるのは冬場。
ウキ釣りや投げ釣りで、ゴカイ類やエビ類のエサが一般的といわれています。
「イシダイ」は、高級魚で有名です。
釣り人の間では、引きが強いと人気です。

他にも、クロ・バリ・ヒラメ・カレイ・カマス・カワハギ・サヨリ・ボラ・カサゴなど、数多くの魚を釣る事ができます。
また、約800グラムある鯛を釣れる真鯛釣堀が穴場として有名です。
ここでは、迫力ある真鯛釣りを楽しむ事ができます。
釣った鯛は1キロ当たり約1800円で販売しているので、持ち帰る事もできます。
釣り初心者には、「釣り指導」というものもオススメです。
釣り方から仕掛けの作り方まで丁寧に教えて貰えるので、家族と一緒に行っても楽しめるスポットです。