磯釣りで狙える魚は?

磯釣りで狙える魚は?

磯釣りで狙える魚は、春夏秋冬、各季節によって違いがあります。
各シーズンに合った旬の魚を狙って釣るのが磯釣りの楽しい所でしょう。
磯釣りでよく釣れる魚で、春先に狙える魚はチヌ、アイナメなどです。
春から夏に狙える魚は、キス、イシモチ、イシダイ、マダイ、アジなどです。
秋から冬にかけて狙える魚は、スズキ、サヨリ、ハゼなどです。
この時期は、魚も冬支度を行うので、エサをたくさん食べます。
そのため、よく肥り、脂ものっておいしい魚が狙えます。
さらに一年を通してよく狙える魚はカサゴ、メバル、グレなどです。
シーズンごとに様々な魚が狙えますから、一年中磯釣りを楽しむことができます。
磯釣りで狙える魚の特徴として、温かい所を好む魚、冷たい所を好む魚、回遊する魚は狙える時期がはっきりとしていることです。
海の中にも春夏秋冬があるので、海の季節に合わせて魚も入れ替わるのです。
また、岩礁に隠れて住んでいるような魚に関しては、四季に左右される事がないため、場所やコツをつかめば年中狙えます。
狙える時期が限定されている魚を狙いたい場合には、磯釣りの前に今釣れている魚の情報を入手するとよいでしょう。
一番信頼できる情報源は餌屋さんです。
何人もの釣り人の相手をしているので、今たくさん釣れている魚や狙える魚、釣りポイントなどを聞くことができます。
また、今はインターネットでの情報収集も可能ですので、海釣りへ出かける前に下調べするのもよいでしょう。