東北地方の磯釣りで有名なポイントは?

東北地方の磯釣りで有名なポイントは?

東北地方は、磯釣り愛好家にとって最高の土地ですね。
ここでは東北地方の有名ポイントを少しだけ紹介したいと思います。
まず紹介したいのが、岩手県宮古市にある磯釣りのスポットです。
田老港はもちろん、真崎、明神崎などの海岸一帯で磯釣りを楽しめます。
アイナメ、スイ、ドンコ、スズキ、サバなどの多くの種類を釣る事ができます。
よく釣れるといわれているのは5月から12月頃ですね。
特に、気候のよい日には最高のポイントです。
是非一度訪れてみてください。
田老大漁まつりや鮭・あわびまつりといったイベントに合わせて行っても楽しいかもしれません。
次に紹介したいポイントは、秋田県の男鹿半島です。
黒鯛や真鯛、ヒラメやイナダ、ホッケ、ソイなど、季節によって色々な魚が釣れます。
堤防で五目釣りを楽しむのも、オススメです。
男鹿半島にはたくさんの有名磯釣りポイントがあります。
駐車場が整備されているところも多いですが、その反面、危険な区域や立ち入り禁止の場所もあるので、事前によく確認してください。
足場が悪かったり、波が高いと危険なポイントもありますから、スパイクのついた靴やライフジャケットなどの装備を忘れずに。
水質がよいため、ウミケムシなどの危険魚が釣れてしまうこともあるようです。

福島県いわき市サンマリーナ八崎堤防は、トイレと水道がある便利な磯釣りスポットですが、車上荒らしが多いそうなので、注意が必要でしょう。
アジやタコ、イカ、キス、メバル、アイナメなどが釣れます。