防波堤での釣り入門

防波堤での釣り入門

防波堤での釣りは海釣りの中では比較的安全で、手軽に始めることができます。
子供を連れての海釣りであれば防波堤が一番でしょう。
それでも命にかかわる事故は起こることは覚えておきましょう。
この防波堤釣り、手軽に始められる釣りですが、非常に多くの魚が釣れるために仕掛けや釣り方も多種多様です。
サビキ、ぶっこみ、フカセ、投げ釣りと、ポイントや狙いによって様々な釣り方ができます。
防波堤は普通、砂地と岩礁が混ざってできているものが多いようです。
テトラポットが入っていると魚の格好の住み家になります。
また、港から少し沖の一文字や潮通しの良い防波堤では回遊魚も釣れ、釣り人を楽しませてくれます。
海面近く、つまり表層を泳ぐ魚にはアジ、サバ、イワシ、サヨリ、ボラ、ハマチなどがあります。
中層ではウミタナゴ、アオリイカなどが対象です。
海底付近ではカサゴ、コチ、メバル、アイナメ、キス、カレイが対象です。
また黒鯛は、岩礁と砂地が混ざっている場所によくいるようです。
狙っている魚が泳いでいる層を知ってると、狙い通り釣ることができます。
また、昼だけでなく夜によく釣れる魚もいます。
例えば、アナゴは夜行性なので狙うなら断然夜釣りです。
スズキも昼は沖合いにいますが、夕方から餌を求めてやってくる修正があるので夜が狙い目の魚です。

防波堤に限らず自分で釣る最大のメリットは、スーパーで買うよりも新鮮な魚が手に入るということ。
せっかく自分で釣った魚、自分で調理してみてはいかがでしょう?釣りがさらに楽しいものになるでしょう。