磯釣りの上物釣り用のエサって?

磯釣りの上物釣り用のエサって?

磯釣りの上物釣りといえば、グレやメジナ、チヌなどです。
磯釣りの上物釣り用のエサは、コマセと呼ばれるエサを使用します。
狙っている魚を、釣りやすいポイントにおびき寄せるためにこのコマセを撒きます。
コマセは、人工的に作られた配合エサで、主となるオキアミやアミエビなどとコマセを作る為の市販の配合エサも売られており、操作性や遠投性を向上させるものや、拡散性を向上させるもの、集魚力を増強したものなど多くの種類があります。
コマセは、4時間の釣りでだいたい3キロくらい使います。
潮の流れや、コマセに群れる小魚の状況によっても必要なコマセの量は異なりますので、多少多めに用意するとよいでしょう。
コマセは、オキアミと配合エサをブレンドして作ります。
オキアミと配合エサを均一に混ぜ合わせ、海水を加えながら攪拌します。
コマセを底に届くようにしたいのであれば、配合の水加減で配合の具合を調節しなくてはいけません。
また、コマセが出来上がったら足元に撒いてバラケ方や濁りなどを確認するとよいでしょう。
こうして状態を確認したコマセは、海の潮の流れを読んで撒き、そこに合わせて付けエサの仕掛けを投入し、お目当ての魚を狙います。
磯釣りの上物釣り用のエサは、釣り場によって最適なものが違ったり、人によっても違います。
その釣り場にあったエサやよく釣れるエサなどは、釣具店にきいたり、実際によく釣っている人にきいたりするのもよい方法です。