磯釣りのポイントと注意点

磯釣りのポイントと注意点

砂浜、防波堤、沖と色々なジャンルの海釣りがありますが、野趣あふれる海釣りというと、磯釣りに軍配が上がるのではないでしょうか?潮が飛ぶ荒磯や田舎の海岸線など、自然を楽しむ意味でももってこいでしょう。
磯の特徴ですが、波止場といった人工物ではなく自然そのものがフィールドであること、気象の変化が大きく影響することが挙げられます。
磯釣りでの主な獲物と釣り方を紹介します。
メジナ(グレ)、チヌ(クロダイ)、マダイ主体の上物、石鯛、イシガキ、クエなどが底物と呼ばれ、基本はこの2つに分かれています。
そのうち上物はウキフカセ、カゴ釣り、ダンゴ釣りと釣り方も様々です。
磯は都会の防波堤とは比べ物にならないほど魚影が濃いので、大物がかかるチャンスも多いです。
大物が釣れることがあるかわりに非常に危険なのが磯です。
磯釣りで気をつけておきたい点を挙げておきます。
まず、海が荒れたときにすぐ逃げられるよう荷物をコンパクトにまとめておきましょう。
間に合わないときは荷物を捨てて逃げることも大事です。
次に、ライフベストは絶対に脱がないこと。
どうしても暑かったら中の服を脱ぐようにしましょう。
引潮の時にしか入れない磯は、満潮になると帰れなくなるのでできるだけ避けましょう。
最後に、万一のことが起きる前に避けられるよう、天候が変わりだしたらすぐに釣りをやめること。
意地になって釣りを続けると、仮に大物が釣れても膨大なレスキュー代、あるいは命を失うことになります。
磯釣りは釣りの中でも特に荒々しい部類になるので、安全に気をつけた上で楽しく行いましょう。