磯釣りの上物釣り基本装備って?

磯釣りの上物釣り基本装備って?

磯釣りの上物釣りは、小型のウキと軽い重りの組み合わせで釣り、ウキフカセ釣りと呼ばれています。
主に上物と言われるグレを磯で釣るための技です。
グレ以外に、チヌやメバルにもこの方法が有効でしょう。
ウキフカセ釣りは、円錐ウキを使用するのが一般的です。
また、オキアミコマセを使うのも特徴になります。
コマセと仕掛けをうまく合わせて釣るのがウキフカセ釣りのポイントです。
ウキフカセ釣りは、潮の流れを読み、良い位置に仕掛けを流しこむ技術が必要不可欠でしょう。
ウキフカセ釣りを充実させる磯釣りの上物釣り基本装備は、磯竿やウキ釣り仕掛けに加え、磯専用の道具も必須アイテムです。
磯釣りの上物釣りでは、バッカンと呼ばれる手提げバックが重宝します。
上物釣りでは、コマセに冷凍のオキアミやアミエビなどを使います。
釣る時間や配合にもよりますが、3キロから10キロくらいを持ち運ぶことになりますので、強化ビニールで作られた丈夫なバッカンを利用するとよいでしょう。
また、ウキフカセ釣りでは杓も重要な役割を果たします。
コマセを撒くために使うこの杓は、遠くに投げたり、大量のコマセを撒くので、使いやすいものを選ぶ必要があります。
さらに磯では波をかぶってしまう可能性もあり、その際にバッカンや竿ケースが流されてしまわないように荷物を掛ける棒「ビトン」も使われます。
道具と合わせて安全装備も必要です。
天候の急変や荒波などもありますので、ライフジャケットや足元を守るための磯ブーツもしっかり用意してください。