釣れたグレは食べる?

釣れたグレは食べる?

夏に釣れるグレは、磯臭いとよく耳にしますが、真冬に釣れたグレは、比較的誰にでも「美味しい」といって貰えるのだそうです。
大きな物ですと、脂がのり過ぎて苦手という方もいるようですが、これも好みによって大きく意見が分かれますし、調理法によってもかなり変わってきます。
やはり、魚はどんな物でもせっかく釣ったのであれば、美味しく戴きたいですよね。
自分で釣った魚を、みんなに自慢しながら食すというのは、釣り上げた魚を最高の味にしてしまう、なによりの贅沢です。
ですので、ここではグレの調理法のお薦めを少し紹介したいと思います。

 

まずは、やっぱりお刺身。
脂がたっぷりのった真冬のグレは特に最高です。
鮮度がよくないと無理ですが、釣ったその日は是非お刺身で食べて欲しいところです。

 

そして、真冬のグレの脂っぽさや、磯臭いのが苦手な方には、しゃぶしゃぶ。
3枚に下ろしてから好きな厚さにひいて、お好みの野菜と共にポン酢で食べてみてください。

 

後、お薦めなのは、たたきです。
皮ごとしっかりと塩をして、焦げ目がつく程度にあぶって、手早く氷水で〆る。
これを厚めに切ってポン酢で戴くと、とっても美味しいんです。

 

他にも、タツタ揚げやハンバーグなど、様々な調理法があります。
そのどれを取ってもグレはとても美味しいので、是非色々と挑戦してみてください。
調理法によって味はガラリと変わりますので、好みの方法をみつけてみてくださいね。