初心者のグレ釣り

初心者のグレ釣り

10月頃にもなると、グレ釣りをする方は大変多くなります。
でも、大抵の方は、小ぶりな物しか釣れていない事が多く、グレ釣りが初心者には難しい物である事がうかがえます。
ですので、簡単にとは行きませんが、撒き餌を利用して日中に行うフカセ釣りによるグレ釣りを初心者にも挑戦できるように、少し紹介したいと思います。
グレ釣りは、7月から11月まで行えますが、じつは、釣り人の比較的少ない8月頃が、結構狙い目です。

 

グレは、基本的に海底や陰に隠れているので、遠投してもほとんど釣れません。
ですが、撒き餌をすると行動範囲がガラリと変わり、餌に釣られて近づいてきます。
この撒き餌には、色々な種類がありますが、オキアミなどの比較的安価な物に、グレ専用集魚材を混ぜて使うという方法がお薦めです。
集魚材は、好きなタイプの物を選んで貰えば大丈夫ですが、よく分からない時は、遠投性の高い物をチョイスしてみてください。
そして、外向きのポイントに釣り座を決定します。
まずタモを作り、それから撒き餌を作りますが、この間に風や潮の流れを周囲を観察して読んでおきます。
撒き餌はまず、近場に撒いてみて、底の方に沈んで行く餌がゆっくりであれば0号に、ちょっと早ければG2にといった感じでうきを選択します。
ハリスやグレ針などは好みの物を使用してください。
後は撒き餌を打ち分けて良型をタイミングよく狙ってください。

 

グレ釣りは、観察がなにより大事です。
濁りがある時でも確認できる範囲はしっかりみておきましょう。