グレ釣りの食い渋り

グレ釣りの食い渋り

グレ釣りに出た時は、順調にいけばそれに越したことはないのですが、時折食い渋りという現象に遭遇することがあります。
魚の気配は確かにあるのに、どうしてもかからないといった沈黙の時間が、ずっと続いたりした場合はどうしますか?
そういう時に殆どの人が最初にすることといえば、エサを変えることでしょう。
グレ釣りの際のエサといえば、オキアミやマキエを用意することが多いと思います。
これを改善してみる必要があります。
エサを小さく、柔らかいものに変えると効果的らしいです。
それでも改善されない場合はグレ針を小さいものに変えてみます。
付けるエサも小さく変えてみましょう。
ハリスを細くするのも一つの手です。
その際は針も小さいのに変えます。
もちろんエサも小さくします。
コマセを効かせ、底追いするのも効果的なようです。
エサに一風手を加えるのもいいと思います。
グレの習性も勉強してみましょう。
こういったことを試行錯誤していくうちに、おのずとコツというものが分かってくるのではないでしょうか?
そして、やはり先人の知恵。

こういう時は経験が物をいいます。
ベテランと一緒に行って、その時々にあった対処法を学びます。
すると意外に教本などでは得られない方法を教えてもらえるかもしれません。
とはいえ、魚も生き物ですから、こういった現象は絶対につきものですね。
それも含めて釣りは楽しいのですから。