グレ釣りに使う針

グレ釣りに使う針

みなさんは、グレ釣りをする際、どのように釣り用具を組み合わせていますか?
うき、針、ハリス、細かな物まで違いをあげると、キリがないほどにたくさんの用具があり、その1つ1つも多くの種類があります。

 

例えば、「針」ですと、「チヌ針」や「グレ針」などを使い分けている方が多いかと思います。
この2つは、その特徴を把握していれば、使い分ける事もそれほど難しい事ではないのですが、違いを知らずに使用するには、少々難解な部分があります。

 

最近では、この特徴というのも、種類が豊富になるにつれて、多少薄れていっていますので、すべてにおいてそうだとはいえません。
ですが、本来の特徴としては、グレ針は、吸い込みのよさとばらしの少なさがメリット、オキアミが真っ直ぐにさせない事がデメリットというところでしょうか。

 

逆に、チヌ針ですと、オキアミは真っ直ぐにさせますし、安定性のよさや、強度には定評がありますが、ハリスの結び目が外に行きやすいので、ハリス自身は心許なくなります。
もちろん、メーカーによってもかなり違いがありますので、みなさんのお使いの物がどうなのかは判断できませんが、針が外れやすい時にはグレ針にしたり、食い付きが悪い時はチヌ針にしたりと、色々と試行錯誤してみてください。
そういったコツを掴む事ができれば、確実に目に見えて腕が上がってくる事でしょう。
きっと大漁も夢ではないですよ。