グレの種類

グレの種類

グレの種類は、「口太グレ」と「尾長グレ」の2種類が一般的です。
よくグレ釣りの対象になるのは口太グレで、丸っこい形をしています。
沿岸側に主に生息しています。
尾長グレはえらの後部に黒の筋が入っていて、全体的にスマートです。
外洋の磯に主に生息しています。
このほかにオキナグレという種類もいるそうですが、関西地方ではあまり見ることはできません。
グレの色は一般的には深みがかった蒼ですが、生息する場所でこの色も大きく変わります。
褐色をしている場合もあります。
磯に定着しているような場合は褐色をしています。
熱帯魚のような鮮やかな蒼をしている場合もあります。
尾長グレには黄色いものもいるようです。
生息する環境によって色や大きさに大きな違いが出てくるようです。
ちなみにグレとは関西地方での呼び名です。
地方によっていろいろな呼び方があります。
九州地方ではクロと呼んでいます。
正式にはメジナといいますが、釣り人の間ではグレで通っています。

通年にわたって釣られるのは口太グレで、尾長グレは夏の一時期、沖から沿岸に回遊してきます。
主にそれが釣りの対象となります。
なので、尾長グレの旬は夏ということになります。
食で言っても、夏に食べる尾長グレは脂がのっていて美味しいそうです。
ちなみに、口太グレは冬に食べると、脂がのっていて美味しいといいます(夏に食べると臭みが強い)。
食する機会があれば、食べ比べてみたいですね。