フライフィッシングのテクニック

フライフィッシングのテクニック

「ショットガンテクニック」をご存じですか。
フライフィッシングのテクニックの一つで、広範囲ではなく、限定した範囲をせめる時に用いられています。
「ショットガンテクニック」とは、「ショットガン」のテクニックを生かしているところからその名がつきました。
本物の「ショットガン」の特徴は、一発の射撃で複数の弾丸を撃ち込むことができるということ。
ショットガンを使うことで、至近距離の獲物への的中率はかなりあがります。
同じように、範囲を限定して、数多くのキャストを繰り返すことがショットガンテクニックであり、これにより的中率があがるのです。
対岸に向かいながらアップストリームにジグザグな形で釣るというのが一番多く使われている形です。

 

「ターン」は、ウェットフライフィッシングの中でもダウンで釣る時に適しているとされるテクニックです。
ターンとは、その名の通りフライ(の進行)を曲がらせるのですが、ロッドの位置を調整し、ドリフト中のフライにテンションをプラスすることで進行方向が変わります。
文章だけではイメージしにくいという方は、写真付きで解説している本やDVDを参考にするとわかりやすいですよ。
動画や画像を使って説明しているサイトもいくつかありますので、インターネットを使って調べることもおすすめです。

 

フライフィッシングには、他にもたくさんのテクニックがあります。
はじめは難しく感じることが多いですが、少しずつ身につけていくのも楽しみの一つと言えそうです。