フライフィッシングの釣具

フライフィッシングの釣具

これからフライフィッシングにチャレンジしようとする方が、はじめにそろえなければならないもの、それは以下の通りです。

 

【竿】
ロッドと呼ばれています。
これがないと始まらないですよね。
【リール】
たくさんの種類があります。
機械の部分なので、機能を重視しましょう。
ロッド程買いかえないことが多いので慎重に。
【リーダー】
ナイロン製のテーパーラインのことです。
フライラインに結んで使うのですが、短いものが扱いやすいですよ。
(ルアーフィッシングでの「リーダー」とは異なるので注意です)
【フライ】
フライを一言でいえば毛針ですが、このフライ選びがとても重要。
自作する人も多いです。
釣り場によっても合うものが異なるので、いくつか持っていたいものです。
【フライライン】

フライは軽いので、フライラインで重みをつけて遠くに飛ばします。
渓流で使われることが多いのは、水に落ちてから浮いてくるフローティングラインです。
【ティペット】
細い糸で、フライラインの先に結びます。

 

この他にも釣具はたくさんあります。

 

お店に行ったり、周りの釣り人を見ていたりすると、ついつい自分も釣り具をたくさん揃えたくなるものですよね。
そこをグッと我慢して、徐々に集めていくことをおすすめします。
慣れてきたころに選ぶと、自分に必要なものが何かを見抜くことができる力もついてきます。
それまではお店のスタッフや上級者に相談をして、必要最低限のものを選ぶにとどめておくと後から後悔することが少ないですよ。