渓流釣りをやってみる?

渓流釣りをやってみる?

よく渓流釣りは難しいといわれます。
渓流魚は警戒心が強く人影が見えただけで一気に釣れなくなってしまうからです。
また、ポイントを探すために危険な場所を移動することも多く、体力、忍耐力も必要とします。
管理釣り場であればその移動の手間もありませんが、せっかくの自然の中での釣りですので、源流や支流などでも釣ってみたいものです。
渓流釣りでは、主にアマゴ、岩魚、山女、マスなど、地域によって差はありますがこのような魚が釣れます。
人の手の入っていない自然の中を移動するので、装備はしっかり、かつ重過ぎないように準備しましょう。
水に入ることもあるので換えの服やタオル、滑りにくい靴が必須です。
色々釣り方がありますがここでは初心者が最も釣りやすいであろう餌釣りについて説明します。
餌の中で最もよく釣れるのが川虫です。
川虫が取れない時やすぐに釣りたい場合は市販のミミズやイクラを用意しましょう。
渓流釣りでは竿先に糸を結びつける渓流釣り用の長めの竿を使用します。
竿先に結び目をつけて天糸を結び道糸と結びます。
道糸の先から針、錘、目印の順につけていきます。
針に餌をつけたら投げ込むわけですが、魚に見つかると逃げられるのでポイントより川下に立ち、上流へ移動しながら釣っていきます。
ポイントはたくさんありますので色々な場所に流して覚えましょう。
魚は上流からの餌を待つので、上流から下流へ向かって餌を流すようにします。

なお、釣りをする際には鑑札が必要になりますので必ず購入してから釣りましょう。
そして、天然の魚は数が減っています。
必要以上に釣らないようマナーとして心がけましょう。