フライフィッシングとは

フライフィッシングとは

フライフィッシングは、主にイワナ、ヤマメ、ニジマスなどのサケ科の魚を狙う時に使われる釣りの手法です。
「フライ」とは、イワナやヤマメなどが常食している昆虫や小型の魚をまねて作られている毛針のことを指しています。
魚を釣る時に、その「フライ」を使うことをフライフィッシングと言います。

 

フライフィッシング自体は、どこが発祥の地なのかわかっていません(イギリス説が有力)。
ただ、これらの魚を毛針で釣るというのは、日本でも昔から行われていたことで、現在のフライフィッシングが広まる前から、多少の違いはあれど世界共通の釣り方であったようです。

 

フィッシングは、フライに応じて二種類に大別されています。

 

【ドライフライフィッシング】
・フライを水面に浮かせて(流して)使う。
・水生昆虫、甲虫類などに似せたフライを使う他、パターンが多い。

 

【ウェットフライフィッシング】
・フライを水面のすぐ下や中層、底に沈めて(流して)使う。
・水生昆虫に似せたフライを使用。
 (水中に沈める場合でも、「ニンフ」というフライを使う時は「ニンフフィッシング」と呼ぶ)
の二種類です。

 

フライフィッシングの魅力がより伝わりやすいのは、ドライフィッシングだと言われています。
フライを水面に流して釣りをするため、魚がフライに食いつこうとする姿を自分の目で見て楽しむことができます。

 

フライフィッシングの上達は、一旦一夕では難しいと言われる分、その奥深さにハマりそうですね。