アオリイカのエギング

アオリイカのエギング

アオリイカエギング。
日本伝統の疑似餌ルアー“餌木”を使いイカを釣るエギング。
エギングの対象イカとして、コウイカ、スルメイカ、ヤリイカなどがありますが、イカ類の中でエギングに興じる釣り人“エギンガー”に特に人気なのが、イカの王様と呼ばれる“アオリイカ”を釣る「アオリイカエギング」。
釣りのコツのひとつの“対象魚の生態を知る事”で、ヒットする回数の高い“エギング”を楽しむことができるようになるでしょう。

 

アオリイカの生態。
・産卵期〜幼体期:晩春〜初夏(4月〜6月)頃に、幼体が成長しやすい水温が安定しており、あまり潮流が速くない海藻や岩の隙間に産卵して、産卵後20日程で孵化する。
成長の早い幼体は、7月頃には体長数センチの大きさで海面に漂う姿が確認される。
・成長期:秋(9月〜10月)は体重が約300〜500gまで成長し、冬を越して春3月には1kgを越え、産卵を迎える。
・体長:40センチ〜50センチ以上。
重さは6キロ以上の超大型な個体もある。
・寿命:おおよそ1年。
・その他:水温に非常に敏感な為、水温16度〜30度の水温が、活動が活発になる適水温とされる。

 

アオリイカの釣りの釣期とポイント。
・釣期(秋):春に孵化した秋の食欲旺盛な成長期の個体が非常に釣りやすい。
・ポイント:比較的広範囲で捕食範囲を行動する秋、水深も深く防波堤や磯などの定番ポイントでもよく釣れる。
・釣期(春):産卵期に入る春は捕食行動も抑えられる為、釣りにくくなる。
・ポイント:産卵場所付近(潮の流れが速くなく、藻の多い防波堤入口近く)。