ヤリイカのエギング

ヤリイカのエギング

ヤリイカエギング。
エギングの対象イカとしては、アオリイカ、スルメイカ、コウイカなどいろいろありますが、中でもエギンガーの間で人気のイカがヤリイカです。
ヤリイカの生態を知って、ヤリイカエギングのヒット数をあげましょう。
エギングのコツは、なによりも、対象の生態を知ることが肝心です。

 

ヤリイカの生態。
・産卵期〜幼体期:冬〜春(1月〜5月)頃。
潮通しの良い水深数メートル〜30メートル前後の海域の波止、海底、海藻などに産卵する。
孵化した幼体は沖合に移動して、7月頃には体長4センチ以上の大きさになり、水深80メートルくらいで活動。
・体長:雄30センチ〜40センチ程。
雌は一回り小さく20センチ〜30センチ。
・寿命:おおよそ1年。
繁殖活動後に雄雌ともに死亡。

 

ヤリイカの釣りの釣期とポイント。
・釣期9月頃(秋):繁殖前の晩秋から釣れる数が増え始め、最盛期は冬。
・ポイント:確実なポイントとして“漁港”。
湾出口、湾奥部、外洋に面する3つのポイントが特に良いポイントと言える。
他種類を含めたイカの中でも、最も深海域(水深100メートルから200メートル)がポイント。
険しい岩場の海底ぎりぎりに群れる為、ボートで沖に出て釣るのも有効な手段といえる。

 

ヤリイカ釣法。
アオリイカ釣法の激しい“シャクリ”とは異なり、なるべく軽いアクションで釣る。
海底近くをポイントとするヤリイカエギングは、根掛かりが頻発するので、注意が必要。