エギングタックル

エギングタックル

エギングタックル。
タックル=釣りの道具全般(ロッド(竿)、リール、仕掛け)を指す。
道具を収納する箱を“タックルボックス”と呼ぶ。
エギングで必要なタックルと言えば・・・
○ロッド・・・初心者から中級、上級者の適合エギ号数で選んだロッド。
シャクリのしやすさ、好みに合わせてロッドの固さ、長さを選ぶと良い。
○リール・・・長時間の激しいテクニック(リールの巻き取り)で手首、腕を痛めないように出来るだけ軽量の物を選ぶ。
しかし、あまり安価なリールを購入するとトラブルの多発などで、せっかくの獲物を逃してしまう事もあるので、ある程度のグレードの物を購入すると良い。
○ライン・・・エギング専用とカテゴリーされた専用ラインを使用するのがおすすめ。
シャクリによる海底でのエギのスムーズな動きを実現するため、ナイロン製のラインよりも強度、耐久性がある“PEライン”がお勧めです。
○ショックリーダー・・・直線強度、耐久性共にメリットのある“PEライン”。
しかし、ライン自体に傷がつくと切れ易いというデメリットがあるので、岩や防波堤のコンクリートの接触での傷を回避する為にショックリーダーをメインライン(PEライン)へ直結させて使用する。
○エギ・・・釣るイカに合わせたエギ(ルアー)を選ぶ。
価格は数百円〜千円前後。
初心者の内は、エギ本体がイカをしっかり誘う良い動きをする物を(千円前後)使用して、スキルの上昇にあわせて安価なエギを使用するのも良い。

 

多種多様なタックルが発売されていますが、ご自身のレベルを考慮して段々と増やしていくのも楽しみの一つではないでしょうか?