バスフィッシング初心者

バスフィッシング初心者

バスフィッシング初心者は、まず、ブラックバスの生態や習性を調べてみてください。
バスフィッシングに限らず、獲物の行動パターンを知らなければ、攻略のしようがありません。
バスフィッシング初心者が揃えなくてはならない最低限の釣具は、バスフィッシング用のロッド(釣り竿)、ライン(釣り糸)、ラインを巻くためのリール、疑似餌であるルアーです。
とりあえず、これだけあれば、バスフィッシングを始められます。
慣れてきたら、スピニングロッドにスピニングリールのセット(スピニングタックル)とベイトロッドにベイトリールのセット(ベイトタックル)を用意して、使い分けるようにしてください。
スピニングタックルは細いラインを巻くのに適しているので、軽いルアーしかつけられません(重いルアーはラインが切れてしまう)。
その分、軽いルアーは飛ばしやすく、ライントラブルが起こりにくいので、向かい風でも思いっきり投げることができます。
ベイトタックルは重いルアーをつけた太いラインを力強く巻き上げるためのセットです。
バスのサイズが大きくても、水中に障害物があっても、ラインが切れにくいという特徴があります。
でも、ベイトタックルには、向かい風の時や軽いルアーを付けて投げた時に、バックラッシュが起こりやすいという欠点もあるので、(バックラッシュとは、ラインを送る速度が飛ぶ速度よりも速すぎて、スプールの周りで絡まってしまうこと)バスフィッシング初心者がどちらか1セットを買うなら、スピニングタックルの方がいいかもしれません。