バスフィッシングとは

バスフィッシングとは

バスフィッシングとは、一般的にはルアーと呼ばれる疑似餌を使って、湖などの淡水に生息するブラックバスを釣ることです。
エビなどの生餌を使って、バスフィッシングを行うこともあります。
木村拓哉、反町隆史、奥田民男、糸井重里などの有名人が、テレビ番組の中でバスフィッシングをしてから、若い人にも愛好家が増えました。
食べるためではなく、釣る時の醍醐味を目的として行われることの多いバスフィッシングですが、ブラックバスは意外と食べてもおいしいのです。
寄生虫がいる可能性があるので、フライ、ソテー、煮物などの加熱して食べる調理法が向いています。
バスフィッシングには、トーナメントといわれる競技会があり、バスフィッシング人気の高い日本やアメリカにはトーナメントを開催する複数の団体が存在するのです。
トーナメントで優秀な成績を残すようなバザー(バスフィッシング愛好家)は、バスフィッシングで生計を立てるプロ選手であることが多いのも、バスフィッシングならではの特徴でしょう。
バスフィッシングは、賢いブラックバスとの駆け引きや釣った時の引きの強さなどが魅力です。
たくさんの愛好家がいるバスフィッシングですが、釣り場でのマナーの悪さやブラックバスの密放流などが問題になることもあります。
ブラックバスが他の魚を食べてしまい、生態系を崩してしまうため、放流を禁止している湖も多いのです。
バスフィッシングを楽しむ時には、くれぐれも基本的なマナーを守るようにしてください。