ブラックバスを釣ってみる?

ブラックバスを釣ってみる?

ブラックバスはもともと北米大陸の湖などに生息していた魚です。
日本では北米原産のサンフィッシュ科のうち、バスのグループの魚を「ブラックバス」と呼んでいます。
1925年に日本の芦ノ湖に放流されました。
肉食で非常に旺盛な食欲をもち、魚、えび、水生昆虫など基本的には動くものなら何でも食べます。
また、非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできます。
ブラックバスは釣った時の引きが強く、その賢さから駆け引きが重要なスポーツとして親しまれています。
バス釣りの道具はタックルと呼ばれ、ロッド、リール、ライン(糸)等の道具一式を指します。
ここではタックルのうちのロッドとリールを簡単に説明します。
タックルにはロッドとリールの構造で「スピニングタックル」、「ベイトタックル」の2種類に分けられます。
スピニングタックルは細いラインや軽いルアーに適した、初心者にも扱いやすいタイプのタックルです。
ベイトタックルは、大物を狙うための丈夫なライン、より多くのルアーを使用するためのタックルになります。
バス釣りにはベイトタックルの方が適していますが、扱いが難しいため、最初はスピニングタックルを利用するといいでしょう。
ルアーやラインの結び方など、基本的なことはたくさんありますが、バス釣りの本などで図解入りの説明を見るといいでしょう。
バスの漁場には湖や池、沼など数多くありますので、色々な場所で釣って研究してみましょう。
最後に、バス釣りには「キャッチ&リリース」という言葉があります。
釣った魚は自然に帰してあげようということから生まれた言葉ですが、ブラックバスは日本では外来種のため、リリースを禁止している釣り場が増えています。

そういったところでは「キャッチ&イート」が勧められていますので、持ち帰って調理するなどしましょう。