バスフィッシングのメーカー

バスフィッシングのメーカー

バスフィッシングメーカーをいくつか紹介したいと思います。
まず、バスフィッシングだけでなく、幅広い釣具を作っている大手メーカーのダイワ精工です。
バスフィッシングに必要なロッド、リール、ルアー、ライン、フックなどからウェアまで、全てを作っています。
子供用のロッドやルアーまで販売しているのです。
シマノは、釣具の他に自転車の部品なども製作しています。
機能だけでなく、デザイン性にも優れたリールは世界水準でしょう。
スウェーデンの釣具メーカーであるアブ・ガルシアは、アンバサダー、カーディナルというリールのロングセラーシリーズを持っています。
ホーネットやファンタジスタなどのバスフィッシング用ロッドも有名です。
大きなサイズのバス(デカバス)を釣るということを主眼においた製品ランナップが特徴のデプスは、デカバスを釣りたいバザー達の人気を集めています。
バスフィッシングメーカーには他にも、ワールドチャンピオンが開発スタッフとして参加しているエバーグリーンやフックでは圧倒的に支持されているがまかつ、バスロッドの評価が高いダイコーなど、たくさんのメーカーがあり、それぞれ得意としている釣具が違うのです。
ロッド製作で評価が高いのは、エバーグリーン、シマノ、ダイワ、がまかつ、ダイコーなどでしょう。
リールはシマノ、ダイワ、アブなどの評価が高いと思います。
ほとんどのバザー達は、ロッドはエバーグリーン、リールはシマノ、フックはがまかつ、ラインはクレハ、ルアーはデュエルといった具合に揃えているのです。
もちろん、熱心なバザーは、一人で複数のバスフィッシングメーカーのロッドやリールを持ち、状況に応じて使い分けます。